2010年06月16日

<南アW杯>「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画(毎日新聞)

 アフリカ大陸初開催となるサッカー・ワールドカップ(W杯)が11日午後(日本時間11日夜)開幕する。開催地・南アフリカを知ってもらうチャンスとして、日本国内の交流組織は期間中にさまざまな計画を立案。アパルトヘイト(人種隔離)を乗り越えて人種・民族和解のためにマンデラ元大統領が唱えた「虹の国」の実像を伝えたいと、各団体は奔走している。

 今年2月、アフリカ研究などを専攻する全国の大学生や雑貨店主らは「Viva! South Africa Team」を結成した。代表の大阪大大学院生、黒須仁美さん(24)は「W杯開催で注目される今、南アのために何かしたいと思った」と語る。6月19日に名古屋、20日に福岡で、民族衣装のファッションショーや南アに関するクイズ大会などのイベントを開き、決勝前日の7月10日には大阪府茨木市で南ア人らとフットサル大会を開催する予定だ。

 開幕直前の5日には東京都世田谷区でトークショーも主催。茨城県の高校の外国語指導助手を務める南ア人のプセレツォ・ブシ・ンコパネさんは「治安が悪い場所はどこの国にもある。W杯は南アの良いところを伝える機会になる」と笑顔で話した。

 南アのエイズ孤児の支援活動を行っているNPO「シェア 国際保健協力市民の会」は今月、子供たちの現状をまとめた本を発刊した。同会によると、南アのHIV(エイズウイルス)感染者は07年末時点で570万人。世界の感染者の6人に1人が南ア人とされ、W杯を機に多くの人に悲惨な状況を知ってほしいと訴える。NPO「アフリカ日本協議会」も26日、新宿区で南アの研究者やエイズホスピスのボランティア経験者らを招き、公開座談会を開く。

 04年に新潟で結成された市民組織「虹の国・南アフリカ交流友の会」のブログには、W杯で南アへ行く旅行者らから相談メールが寄せられている。代表の鈴木千枝子さんは97年に新潟で公演した南アの少年合唱団に魅せられ同会結成を呼びかけた。これまで16回現地を訪れ、南アに友人も多い。W杯期間中は日本戦を観戦する友人から話を聞くなどして随時、南ア情報をブログで発信する予定だ。「雄大な自然と人々の優しさに魅了されました。W杯を契機に印象が変わってくれたら」と声を弾ませた。【馬場直子】

【関連ニュース】
南アW杯:競技場でキックオフコンサート 今夜開幕
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに
南アW杯:マンデラ氏に来てほしいが…大会組織委
雑記帳:南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城
南アW杯:揺れる魔球も注目 軌道は予測不能、GK泣かせ

少子化問題への本気度疑う担当相のドタバタ劇(産経新聞)
岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)
セントケアHD、民間介護保険に参入―介護事業者で初(医療介護CBニュース)
エトー見せ場作れず カメルーン「勝つしかない」(産経新聞)
「ヘボはヘボ流で」「一発かます」岡田監督が手紙(読売新聞)
posted by dyquyelox0 at 20:55| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<足湯>バス停で和気あいあい(毎日新聞)

 温泉郷として知られる長崎県五島市玉之浦町荒川に温泉足湯付きのバス停がこのほど完成した。既に観光客や市民の人気を集め、多くの利用者が楽しんでいる。

 旧バス停が老朽化したため、荒川温泉のイメージアップと市民への癒やし提供を目的に市が改築した。新バス停は木造平屋約39平方メートルで、トイレ、待合室を備える。足湯は縦1.5メートル、横3メートル。温泉水は荒川森林組合が提供する。総事業費約1139万円。

 足湯利用は無料。長湯を楽しんでもらうため、60度前後の源泉を40度まで冷やして使っている。もちろん“男女混浴”で一度に10人前後入れる。利用者は自然と和気あいあいの雰囲気に浸るようだ。【椿山公】

<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)
大阪市10職員きょう免職発表 斎場「心付け」で異例大量処分(産経新聞)
転居費詐取容疑、自称NPO代表逮捕へ(読売新聞)
社民連立離脱「信念で乗り切るしかない」 鳩山首相(産経新聞)
新首相動静(6月5日)(時事通信)
posted by dyquyelox0 at 23:14| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

<こんにゃくゼリー>形状など法規制困難…消費者庁対応班(毎日新聞)

 ミニカップ入りこんにゃくゼリーによる窒息死亡事故が相次いだ問題で、消費者庁の食品SOS対応プロジェクトのリーダー・泉健太内閣府政務官は18日、会合後の会見で「データの蓄積なしに法規制するのは非常に難しい」と述べ、ゼリーの形状などに規制をかけるのは困難との見方を示した。また、会合では、販売する店舗の約7割が、誤飲の恐れがある子どもや高齢者が食べないよう警告する表示を行っていないことが報告され、小売業界に表示徹底を求めることを決めた。

 同プロジェクトは、来月にも法規制の可否を含め、最終的な結論を出す方針だ。

 販売店舗の表示に関する調査は、国民生活センターが今年1〜2月、南関東のスーパーなど計225店舗を対象に実施。約半分の117店が販売しており、その約8割がドラッグストアとディスカウントショップだった。ほとんどの商品には警告表示があったが、陳列棚などで警告を表示していない店舗が約7割あった。【山田泰蔵】

【関連ニュース】
ダイヤ鑑定:福島消費者相、業界団体の取り組み注視
パロマ中毒事故:対象製品所有者らに注意 消費者庁
トクホ:制度存続へ 消費者庁検討会
消費者基本計画:食品表示一元化検討へ 政府、閣議決定
パロマ湯沸かし器事故:回収対象の製品、HPで注意喚起−−消費者庁

<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
NHK、受信契約へ本腰 業者に訴訟、一般世帯には簡裁申し立て(産経新聞)
がんワクチン療法 「高度医療」に認定 第4の治療法、高まる期待(産経新聞)
ブラジルに「平和資料館」…長崎の被爆者ら(読売新聞)
小沢氏に再聴取要請=石川議員ら3人も−陸山会規正法違反事件・東京地検(時事通信)
posted by dyquyelox0 at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。